理学療法士の専門学生国家試験合格を目指すブログ>温熱療法

■スポンサードリンク



無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

物理療法

超音波とは

治療用の超音波周波数:20000Hz(20KHz)以上  
『物理療法では、1MHzと3MHz』

波長:約1mm
出力:5W/c?  『10W/c?以上は禁忌、臨床では0.5〜2W/c?』

超音波では導子と生体(皮膚)との間に超音波に伝達する物質が必要。
理想的な媒介物質としてカップリング剤がある
縦波であり、人工関節を入れている患者に行っても良い。

音波の伝播
*反射
*屈折
*吸収
*干渉

ピエゾ効果と逆ピエゾ効果
ピエゾ効果
石英やロッシェル塩のような結晶は、
特定の方向に圧縮、非圧縮を繰り返すと電流を生じる現象のこと。
圧電効果ともいう
逆ピエゾ効果
ピエゾ効果とは逆に電流をこれらの結晶に通電すると収縮し、
断電するとともに戻る性質がある現象のこと。逆圧電効果ともいう

骨吸収係数
脂肪<筋肉<骨組織

ビーム不均等率(BNR)
良好・・・1:1〜5:1もしくは、5以下 ※1:1が最適である
不良・・・6:1〜9:1もしくは、6以上

空洞化現象を防止するためBNRが5.0以下の機器を使用すること

有効照射面積(ERA)
良好・・・黒い所が多い
不良・・・黒い所が少ない
※大きければ大きいほど良い。6とか7以上
  治療効果を高めるため、治療面積はERAの2倍以内とする

温熱作用(深達熱)
*局所の温度上昇
*循環血流量の増加
*代謝の亢進
*痛みの閾値の上昇
*筋スパズムの鎮静
*結合組織の伸展性の増加


非温熱的効果(機械的作用)
*発泡作用
*物理化学的変化
*マイクロマッサージ効果

*超音波の周波数は0.8〜1.5MHzであり、治療では1MHzと3MHzが使用されている
*温熱作用と非温熱作用がある
*周波数の1MHzでは、深部まで入り、3MHzでは吸収されやすく浅い
*超音波の周波数は20KHz以上である(20000Hz)
*臨床での出力は0.5〜2W/cmとする
*超音波は電磁波ではなく伝達の形態は横波である
*音波の伝達速度は空気中で331.5+0.6t m/s(t:温度)である
*音波には反射、屈折、干渉作用がある。また組織のマイクロマッサージ効果がある
*通常ERAの2倍以内の部位に照射する*ピエゾ効果とは、石英のような結晶に特定の方向に圧縮を繰り返すと電流を生じることである
*逆ピエゾ効果とは、石英のような結晶に電流を流すと収縮し、断電すると元に戻ることをいう

*音波の吸収係数は筋肉よりも骨のほうが大きい(タンパク質を含む組織での発熱が大きい)
*キャビテーションとは体内の小さな気胞が圧縮・拡張を繰り返す現象のことである
*BNRは5以上だとキャビテーションを起こしやすい
*超音波は人工骨頭のような金属の部分に照射しても安全である
*ペースメーカー装着者は禁忌である
*レイノー症候群、デュピトレン拘縮、RAにも適応がある



理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

超短波とは

周波数:27.12MHz
波 長:11m

あまり使われていないようですが
ポイントは極超短波に近いです。

*日本では周波数が27MHz程度のものが使用されている
*超短波療法にはコンデンサー霊界法、ラセン霊界法、ラセン霊界放射法がある
*コンデンサー霊界法は、人体組織が電気回路の一部となる
*ケーブル法は人体組織がコイルの電磁場内に置かれる
*金属への照射は禁忌
*受精時期の妊婦には禁忌
*骨盤内臓器に効果がある
*心臓ペースメーカー使用中の患者は禁忌
*汗がたまると危険なので端子の下の皮膚をタオルで覆う
*阻血組織に対しては禁忌
*組織の共振によって熱を発生する



理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

極超短波とは

波長:12.25cm
振動周波数:2450MHz

マグネトロン管
(二極真空管)内でマイクロ波を発生、共振させアプリケータを通して照射させる)
骨と接する筋面が加熱するところをhot spotという。
金属挿入がある患者に対しては禁忌。
一方向にしか暖めることが出来ない。

高周波療法適応量
dosis1:暖かいと感ずる閾値以下
dosis2:少し暖かいと感ずる量
dosis3:かなり、そしてここちよく暖かいと感ずる量
dosis4:我慢できるが、熱いと感ずる量

※治療の目安はdosis3

ポイントとしては
*極超短波の周波数は2450MHzで、波長は12.25cmである
*マイクロ波発生装置はマグネトロン管内でマイクロ波を発生し、
 共振させてアンテナまたはアプリケーターを通して照射する
*極超短波は組織の吸収に基づいて電磁エネルギーが熱エネルギーに変換され熱が出現
*極超短波は浮腫や骨折初期は禁忌
*極超短波は超短波より波長が短く、赤外線より波長の長い電磁波である
*極超短波療法は超短波より便利であるが一方向しか温められない欠点がある
*極超短波の強さの調節は機械の目盛りより患者の自覚する温度のほうが大切である
*Dosis?とはかなり、そして心地よく暖かいと感じる量をいう
*人工関節に置換した股関節に対しての極超短波は禁忌*患者が治療量の過剰を超音波、紫外線よりも自覚しやすい
*出血性素因は禁忌である(血友病、ペースメーカー、補聴器も)*皮膚はよく拭いてから施行すること



理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

エネルギー転換熱ジアテルミーとは

1.ジアテルミーの生物理学
方法
?伝導
?体積加熱

誘電率
組織          誘電率
血液            80
筋            72〜76
脳             68     
脂肪            15
皮膚、骨          5〜16
蛋白質など固体含有物 5〜16

※誘電率が高い⇒水分含有量が大きい(血液、筋、脳)・・・蓄熱しやすい
※誘電率が低い⇒水分含有量が小さい(脂肪、骨)・・・蓄熱しにくい(透過しやすい)


2.高周波療法の種類
○エネルギー変換熱を利用した温熱療法
超短波、極超短波、超音波療法

*ここでのポイントは誘電率!


理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

赤外線療法とは

波長:0.75〜15μm
近赤外線(短波長赤外線)→0.75〜1.5μm
※医療用では1μmがメイン
遠赤外線(長波長赤外線)→1.5〜15μm

透過力
近赤外線→5mm〜1?
遠赤外線→1mm程度

電磁スペクトルについて
電磁波は、真空および空気中を高速30万km/secで直線に進む
すべての電磁波の速度は一定である

波長の短い順に並べるとX線<紫外線<可視光線<赤外線<極超短波(マイクロ波)<超短波

輻射の諸法則について
*輻射熱移動の支配則
放出力は、絶対温度と4乗比例の関係にある。
普段使用している温度(℃)はセルシウス温度(t)という

絶対温度(T)とセルシウス温度(t):T=273.15+t
※0℃=273.15

*逆自乗の法則
物体が受ける照射の強度は、輻射源と物体との間の距離の自乗(2乗)に反比例する。
照射強度は逆二乗の法則に従うので距離を半分にすれば1/4の時間で同一照射量となる。

*グロットゥス・ドレイパーの法則
吸収された電磁波のみが、組織に作用する

*ランバートの余弦則
照射量は光源の照射角度によって決定される。
照射角度が垂直(cosθ)であれば最大の照射量になるが、
患部に平行(cos90°)に照射するとその照射量は0になる。
※0°→100%  30°→ 87%  45° → 71%  60° → 50%
※cos0→1  cos30°→ √3/2 cos45°→  2/√2 cos60°→  1/2 cos90°→0


*ウィーンの法則
すべての物体は絶えず赤外線を放出している。
発熱体の表面温度とその物体が発する赤外線の波長には一定の法則がある。
 波長λ(μm)=2879/(発熱体の表面温度+273「℃」)
  例:0℃の氷
      2879/(0+273)=10.6

生体への作用
*温熱のよる血管拡張作用
*紅斑
*色素沈着
*新陳代謝促進
*鎮痛、鎮静作用
*知覚神経終末への作用

ここでのポイントは
輻射の各法則の理解と以下の内容
*赤外線の波長は0.74〜0.6mmである (赤外線の波長は0.75〜1mm)
*治療に使用されるのは近赤外線で短波長赤外線とも言われ、波長は1μが主である
*赤外線療法の生体への作用は基本的に表在の温熱作用である
*遠赤外線は皮膚透過力が弱く1mm程度である。近赤外線は5mm〜1cm


理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

パラフィンとは

パラフィン自体は常温では固体である。
固形パラフィンと流動パラフィンを100:3の割合で混合する。

温度
50〜55℃

生理学的効果
温熱効果(組織温の上昇)
充血作用(温度調節反応)
鎮痛効果
鎮静作用
新陳代謝の増大


*ここでのポイントは
 固形パラフィンと流動パラフィンの割合
 そして温度、生理学的効果
 生理学的効果はホットパックと同じなので覚えやすい。



理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

ホットパックとは

吸水性の強いシリカゲル(珪酸塩)を厚い木綿の袋に入れパック状にしたもの。
加温槽はハイドロコレターと呼ばれ、材質は内・外槽ともにステンレスでできている。
基本的には湿熱であるが、
臨床では乾熱であることが多い。
(表面を覆うため)

温度
ホットパック槽・・・80〜90℃
ホットパック・・・60〜80℃

生理学的効果
?充血作用(温熱効果、血流増加)
?筋スパズムの鎮静(筋緊張緩和、痙性の減弱)
?痛覚の閾値上昇
?新陳代謝速度の増大


*大事なこととして
 ホットパックの温度と
 生理学的効果は押さえておく


理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ

物理療法

温熱療法とは

温熱療法の分類

1.熱発生源による分類&熱の種類
(伝導熱、輻射熱、エネルギー変換熱)
伝導熱→ホットパック、パラフィン
輻射熱→赤外線、電光浴、サウナ
エネルギー変換熱(転換熱)→超短波、超音波

2.熱に基本的移動形式&熱の移動or伝達の方法
(伝導、対流、輻射)
伝導→ホットパック、パラフィン、コールドパック
伝導・対流→サウナ
対流→過流熱、ドライヤー
輻射→赤外線、電光浴
ジアテルミー→超短波、極超短波、超音波

温熱刺激には表在熱と深部熱がある
表在熱→赤外線、ホットパック、パラフィン、温浴、交代浴、運動浴など
深部熱→超短波、極超短波、超音波

寒冷刺激にはコールドパック、冷浴、アイスマッサージなどがある


理学療法士の国家試験合格を目指すブログトップページへ


管理人の外部執筆
allabout_guide_logo

All About News Dig
※上記サイトで執筆活動してます。
国家試験演習問題ならこちら
理学療法士・作業療法士の国家試験問題を
WEB上で解けるサイト。

問題数は徐々に増えています!


kokushi

PT・OT国家試験対策WEBで合格!
吉永酒造有限会社
スポンサードリンク
月別アーカイブ
Links2
Recent Comments
ブログランキング参加中
RSS
My Yahoo!に追加

Add to Google
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
Powered by サイトスカウター
ブックマーク
ギャラリー
  • 新居にて
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 次のステップ
  • 自己暗示
  • 人助け
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • おすすめ文献の本棚作りました!
  • 吉永酒造 利八
  • 吉永酒造 利八
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 尖閣映像流出について
  • ブログ開設から1000日目
  • 森伊蔵ぉぉ!!
  • 爽快バブシャワー
  • CAFE『蒼』にて
  • CAFE『蒼』にて
  • うれしい体験
  • 人生初!
  • 長期実習八週目へ
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • デスクトップの壁紙とガジェットの工夫
  • google earth フライトシュミレーターで鹿児島薩摩半島を一周