理学療法士の専門学生国家試験合格を目指すブログ>受験

■スポンサードリンク



無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

理学療法士の専門学校の受験

理学療法士専門学校の受験 経験談

一校しか受けてないのでなんとも参考にもならないでしょうが
私が受けた学校の試験は社会人に有利だった気がします。

英語や数学のみであれば確実にとおってません・・
逆に現役の学生の方が断然有利だったでしょう。

ほんとうに学校側も
人間性を重視することが重要って方針が多くなったんで
試験ができるにこしたことはないけど
面接や小論文、自己推薦文が大事でしょうね。

また、以前私が病院見学をした時の話ですが
そこの理学療法士さんが専門学校を受けた時は
普通に5教科と面接だったそうです。
(10年前って言ってました)
そして、
『そんな理学療法士と関係ない試験しても意味ないのにね。
 大事なのは熱意とやる気なんだよ
と語っておりました。
その方が卒業した同じ学校を受けたのですが
(裏で頼んだりしてませんよ・・)
5教科でなくてほっとしております。

これから受ける方も『熱意とやる気』を
おもいっきりぶつけて合格してほしいなと思います。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
もしよければ恐縮ですがランキング応援お願いします


日記

うーん・・

バイトから帰って、晩酌してたら
いつの間にかパッタリと寝てました・・

あまりつぶれたりしないほうなんですが、
ちと疲れてたのか・・
それとも年齢のせいか・・?

起きたら
(つд⊂)ゴシゴシ


午前2:00!!Σ(´д`;)



まあ、明日のバイトは昼12時からですから
余裕ですが、中途半端に寝てしまったんで
パソコン周りを整理してみました・・

pasokon


やはり、暖色系の灯と緑はいいなあ・・と
まったり・・

そして、また寝るのだった・・
おやすみなさい・・

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
もしよければ恐縮ですがランキング応援お願いします


コミュニケーション持論

前回から続いてコミュニケーションについてです。

あくまで理学療法士とは関係なく
今までどういったコミュニケーションを社会でとってきたかなんで・・
(´∀`*)

相手の感情を利用したコミュニケーションですが
『敵の敵は味方』
という言葉があります。

相手が不満に思っていたり、怒りを感じてることに対し
同調するというもの。

もっている不満を同調してくれる人がいると
ストレスも減りますしね・・

ただ・・
個人に対する誹謗、中傷ならば、話を吐き出させて
関係の悪化を煽るような発言は控えねばなりません。
そこは注意です。

コミュニケーション持論

理学療法士になるなら人が好きで
コミュニケーション力がないと勤まらないといいます。

患者さんに対してはもちろん、
医師、看護師をはじめとした医療に関する方々とも連携をとりますからね・・

私が病院に見学にいった際なども
機嫌の悪い患者さん、やる気を失った患者さんなどに対して
気持ちを読み取りながら、会話しうまくリハビリに対して意欲を
引き出す理学療法士さんがいました。

私も接客業で多くのお客さんやアルバイトと接してきましたが
コミュニケーションとは難しいものです。

自分が積極的にとりにいっても
相手にとっては、なれなれしく感じたり、ほっといてほしいのに・・
と、いった受け取られ方もしますしね。

これは、個人的な経験談で、通用するかわからないですが
私は人とコミュニケーションをとる時に
自分の経験での判断基準でいくつかのタイプに分類してます。

で、そのタイプに応じたコミュニケーションをとっていきます。

その判断基準のひとつが挨拶ですね。
こちらの挨拶に笑顔で答えてくれる人
こういった人は比較的気さくに話せる方がほとんどです。
大抵会話も弾みやすいです。

上記でない場合は
他の人との会話を聞いて相手の興味があるものを覚えておき
自分もそういう話題をふって会話のきっかけをつくったり、
たわいもない話で相手好きなものを引き出したりしてます。
相手と好きなこと、興味のあるものが一致したと思ったら
話をしたくなるものですから・・

その人の感情を利用して
仲良くなる方法もありますが、長くなったので次回にしますね。




理学療法士の将来について

診療報酬の削減

まず診療報酬とは国から医療施設が治療を行った分、
支払われる医療費の事らしいのですが
国の財政を盾に削減が進められています。
これにより医療に携わる人の収入は減り
小さな地方の病院など経営難になりつぶれています・・

そして特にやり玉にあがったのがリハビリ

リハビリに関して
*脳血管疾患
*運動器疾患
*呼吸器疾患
*心血管疾患
の4つに分け、発症から
*180日
*150日
* 90日
*150日
というリハビリ日数の上限をつけ、
この日数を超えるリハビリは受けることができなくしました。

これはとんでもないことです。

リハビリを受ける人も、補助する人も
日数の縛りで精神的にもゆとりをもてない。

リハビリは精神的な部分も大きく左右しますし
日数を過ぎたら受けられませんってひどいです
(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!

湯水のようにお金を使えないのはわかりますが
医療に関しては充実してないと人間として
国民全体が将来不安を常に抱えることになります。


ただでさえ年金の問題もあるのに・・
(`・д・´)

その割に無駄金をどれだけ使っているのか?

そこに怒りを感じますね。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
参考になりましたらランキング応援お願いします


理学療法士の専門学校の受験

専門学校・・

正直なところ理学療法士になろうと決める前の
専門学校のイメージは
お金を出せば誰でも入れるって感じだったんですが
実際のところ、希望者が多ければ
当然、入学できない人もいるんだと痛感してます。

ようは、甘く見てはいけないってことで・・

私が受けた学校は募集枠の半数近くは推薦入学で埋まっており
倍率3倍〜4倍ぐらいでした。

運良く合格しましたが、仕事辞めて挑戦したので
落ちてたらと思うとゾッっとします

医療系でない専門学校も倍率は高いのかな・・?
動物関係とかゲーム関係はなんか高そうな気がしますが・・

大学にいければ一番でしょうけど、
専門学校の存在は社会人からの転進組には
有難い存在です。

だこれから2次入学試験、3次入学試験もあるところが
大半ですから挑戦される方には頑張っていただきたいと思います。


理学療法士の将来について

理学療法士の将来性

あまりいい話は聞かない将来性ですが、
本気でなろうと思っている人にとってそう悲観することもないのでは・・?
と、いうような感じで前も書きましたがあらためて個人的主観を・・

理学療法士の資格をとって終わり・・では将来性はないのではと・・

例であげると
私の今の目標は専門学校に行き、理学療法士になる為の勉強をし国家試験に
合格し、はれて理学療法士になること。

つまり現在の目標のスタート地点は専門学校の入学
そしてゴールは国家資格取得

 スタート地点          ゴール
専門学校の入学   →   理学療法士になる


しかし、
つい最近、専門学校に合格するまでのスタート地点は職場の退職
そしてゴールは専門学校入学(合格)

 スタート地点          ゴール
 職場の退職   →    専門学校入学

すべての始まりは終わりからで
すべての終わりは始まりでもあります。

なので
理学療法士になって日々現場で学ぶことがスタートした時
その先にまた新しいゴールを作ることが大事では・・?

それに向かい、現場はもちろん研修会などで
常に自己研鑽することをしないと淘汰されるものではないでしょうか?

競争が生まれると努力が生まれます。

それにより、リハビリテーションというものがよりよくなれば
患者さんにとってもいいことではないでしょうか?

海外に比べ日本の理学療法士の扱いは
とても低いものだという話をきいたことがあります。
これからの理学療法士の競争化で
日本での扱いを変えることができたらいいなと思っています。

なお、実際に現場で働かれてる人にからすれば
単なる理想論もしくは、安易な考えにきこえるかもしれないですが、
ご容赦くださいませ

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
参考になりましたらランキング応援お願いします








学校合格から入学まで何をしよう?

無事に学校に合格してほっとしたけど
入学までの間なにかしたほうがいいのでは・・?

そんなことを考える方もいるのでは?

私がそうだったんですが・・

入学試験に向けてコツコツ勉強してた時間が
ポッカリ空いてしまうのです。

そこで、私は
理学療法士の方や、すでに学校にかよわれている方のブログを
拝見させて頂き、
現在のPTの業界のお話、学校での授業、レポートなどみて
知識を拾ったりしてます。

で、私もブログを書くことを思いついた訳です。

まあ、入学したら忙しいでしょうから、
おもいっきり遊ぶのもいいと思います

あとはバイトですね〜

お金がかかりますから・・

入学までは掛け持ちで頑張ろうと思ってます。





理学療法士の将来について

理学療法士の将来性

これに関しては厳しいという見方が大半のようです(´;ω;`)

なんでなのか・・?

私も当然ながら社会人から転換してなろうと思った人間なので
調べてみたのですが、

第一に理学療法士の需要に対し供給人数が多くなってきた
第二にリハビリの診療報酬の減少
そして医療業界全体の将来不安・・

この点が大きいような気がします。
(あくまでまだその世界に足もつっこんでないので
 私が得た情報で感じたことですが・・)

そういった将来不安から、専門学校も一昔前の大人気状態から一転
生徒集めで苦労している所もあるそうです。

でもですね。

将来が安定してるとか給料がいいとか
もちろん大事なのかもしれないですが、
大事なのは自分がどんな気持ちで理学療法士になりたいと思ったのか?
じゃないのかな・・
(綺麗事に聞こえるかもしれないですが・・)

だから、入学希望者が少なくなったのは
安易な気持ちでなろうとしてた人が敬遠しはじめた・・
と、考えたい。

少し話がそれますが、バブルがはじけて以来、公務員人気が続いています。
でも、『志』がある人間がなれないで、
安定してるからという理由でなっている人がいる現状があるんじゃないでしょうか?

これが今までの理学療法士になろうとする希望と一緒で、
公務員の待遇が変われば
安定を求める希望者は減少するでしょう・・

で、本気でなりたい人がなると・・

理学療法士に関しては
*楽そうだ、収入がいい、就職に困らない
そんなイメージが結構多いような気がします。
私の知人のおばあちゃんは、リハビリの診療私設で
担当の理学療法士にお金を個人的につつんで診療をうけてるそうな・・


ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!


そんな人を淘汰するために理学療法士の供給過多は
歓迎すべきなのかもしれません。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
参考になりましたらランキング応援お願いします



理学療法士の専門学校の受験

理学療法士専門学校受験対策〜面接編〜

試験は小論文と面接という学校が増えているようですが
私は、小論文がなかったもので
なんともアドバイスがしようがないです・・

すいません。・゚・(ノД`)

ただ、学校に入ったらレポートがかなりあるらしいので、
試験の小論文でつまづいたらいけないと思っております・・
(えらそうにすいません(´Д⊂))

さて、面接についてですが
私が受けた際の内容をお伝えしましょう。

五人一組の集団面接で面接官は3人

質問内容は

1.自分の長所短所および自己アピールを2分でお願いします
2.理学療法士の仕事内容をご存知ですか?
3.理学療法士は将来厳しくなりつつありますが、
  それでもやりとおす覚悟はありますか?
  また、勉強はハードです大丈夫ですか?
  (なぜ厳しいのかは後日書きますね)
4.制服は大丈夫ですか?
 (これはウケた社会人だったからブレザー大丈夫?と)
5.最後に言いたいこと、言っておきたいことはありますか?


ポイントですが

1に関しては聞かれることが多いですから
 事前に長所短所をしっかり自己分析してたほうがいいです

2は理学療法士さんが働く現場に見学に行っておくことです。
 いくらネットや本で知識をつけるのもいいですが
 現場をしっかり見てメモったりしてたほうがいいです。
 自身で体験したことにより、より言葉に重みがでます。

3逆にこういったことをいってくれる学校はいいと思います。
 生徒の将来をしっかり考えていると。

4いやとはいえません・・

5これがでたら絶対一番に手を上げ、アピールしましょう。
 ちなみに私は一番に手を上げ
 『仕事も辞め本気で理学療法士を目指し覚悟をもって望みます
  なにとぞ宜しくお願いします』
 と、お願いしてしまいました。


と、まあこんな感じでした。
学校によっては、あえて厳しい質問をして、感情的にならないか?など
試すこともあるようです。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
参考になりましたらランキング応援お願いします


管理人の外部執筆
allabout_guide_logo

All About News Dig
※上記サイトで執筆活動してます。
国家試験演習問題ならこちら
理学療法士・作業療法士の国家試験問題を
WEB上で解けるサイト。

問題数は徐々に増えています!


kokushi

PT・OT国家試験対策WEBで合格!
吉永酒造有限会社
スポンサードリンク
月別アーカイブ
Links2
Recent Comments
ブログランキング参加中
RSS
My Yahoo!に追加

Add to Google
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
Powered by サイトスカウター
ブックマーク
ギャラリー
  • 新居にて
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 次のステップ
  • 自己暗示
  • 人助け
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • おすすめ文献の本棚作りました!
  • 吉永酒造 利八
  • 吉永酒造 利八
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 尖閣映像流出について
  • ブログ開設から1000日目
  • 森伊蔵ぉぉ!!
  • 爽快バブシャワー
  • CAFE『蒼』にて
  • CAFE『蒼』にて
  • うれしい体験
  • 人生初!
  • 長期実習八週目へ
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • デスクトップの壁紙とガジェットの工夫
  • google earth フライトシュミレーターで鹿児島薩摩半島を一周