理学療法士の専門学生国家試験合格を目指すブログ>国家試験に向けて

■スポンサードリンク



無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

国家試験に向けて

グラスゴーコーマスケール(GCS=Glasgow Coma Scale)とは

JCSで慣れてきたのに、近年これを国家試験に出してきますよね。
日本でも意識障害の評価としてスタンダードにおこなっているならともかく、
実習でもほとんど聞かなかったのでこれを覚えるのには、苦労します。

ポイントは開眼、発語、運動機能の3項目を評価すること。
E4、V5、M6という表記で15点満点。
『意味わかんねー』となってしまいますが、

E4=eye(眼)の状態を4段階に分ける=最高…4点

V5=Verbal(言葉)の状態を5段階に分ける=最高…5点

M6=Motor(運動機能)の状態を5段階に分ける=最高…6点

という内訳になっています。
これが以下の状態に応じて点数配分されるわけです。
ちなみに、点数が最高15点〜最低3点となります。低い方が悪いわけですね。

E:開眼
       4点 自発的に  (もしくは普通の声掛け)
    3点 音声により (強めの声掛け)
    2点 疼痛により (痛み刺激)
    1点 開眼せず  (何しても反応なし)

V:発語
       5点 指南力良好 (普通に会話できる)
    4点 会話混乱  (会話ができるが見当識障害がある)
    3点 言語混乱  (発語はあっても会話ができない)
    2点 理解不明の声(なにかうなっている、聞きとれない)
    1点 発語せず  (何しても反応なし)

M:運動機能
       6点 命令に従う   (指示通りに体を動かす)
     5点 疼痛部認識可能 (痛みを感じたら払おうとする)   
     4点 四肢屈曲反応逃避(末梢部の痛みに対し逃避反射が出る)
     3点 四肢屈曲反応  (痛み刺激で除皮質姿勢)
     2点 四肢伸展反応  (痛み刺激で除脳姿勢)
     1点 まったく動かず (何しても反応なし)

※除皮質姿勢…
両上肢は肘関節屈曲して胸の上におかれる。手関節は掌屈し、
両膝関節は伸展、足関節は内反・底屈する。

※除脳姿勢…
中脳、橋の損傷で多い。両上肢肘関節伸展、前腕は回内、手関節は掌屈する。
両下肢は股関節で内転、膝関節で伸展し足関節は底屈する。
体幹は弓なり反張を呈することがある。

除皮質姿勢と除脳姿勢の大きな違いは肘関節と体幹の弓なり反張ですね。

でこれらをふまえて、問題を出すならば

Q.1 
痛み刺激で開眼し、痛みに対し振り払おうとする動きがみられた。
こちらの問いかけに対し、言葉として聞き取れない声を出している。
この時、GCSでは何点になるか?

とか、そんなのも出ないとも言えないですよね。
なので、余裕があるならば
この表を少しでもイメージできるようにしたいものです。











ちなみに答えは…9点ですね。バッチリでしょう


H24.6.17追加


『〜PT.OT国家試験対策メルマガ〜』始めましたヽ(*´∀`)ノ

詳しくはリンク先をご確認ください。
利用者急増中!お早めに!!
メルマガで国試対策

国家試験に向けて

2011年第46回理学療法士国家試験の難易度と展望

はじめに
これは、私、taku が勝手になんとなく予想したものなので、
動揺したり、心配したり、不安になったりする必要は全くありません。
ただ、危機感を持つ事と努力だけは、継続して頂きたいと思っています。

まず、過去10年の国家試験の合格率からご紹介


       受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第35回    3,196     3,048     95.4
第36回    3,240     3,140     96.9
第37回    3,503     3,354     95.7
第38回    3,656     3,629     98.5
第39回    4,289     4,199     97.9
第40回    5,102     4,843     94.9
第41回    6,155     6,002     97.5
第42回    7,036     6,559     93.2
第43回    7,997     6,924     86.6
第44回    9,119     8,291     90.9
第45回    9,835     9,112     92.6

やはり、衝撃的なのは第43回で9割を切ったことですね。
問題も大きく変化し難しい内容でした。←過去問をした感想として
その後、2回は9割に戻していますが、
明らかに変化に富んだ問題になっています。

ここ2〜3年の傾向として

『画像所見問題』 『二択問題』 『MMT2〜1の問題』
『疾患、症状、分類などを理解したうえでないと解けない問題』
『よく見ないとだまされる問題→図の問題』
『何を言っているのかわからない問題』
→初めて見る語句の問題

などが増えているといった感じでしょうか。
なので、5年以上前の問題が250点を越えてても、安心できないわけです。
過去問がベースになるのでしょうが、
変化に対応できる知識の整理が求められる気がします。

そんなわけで
『2011年第46回理学療法士国家試験の難易度と展望』ですが

個人的な合格率の見解として、


       9割は切る!と思っています。


無論、なんの立証もない話ですよ
ただ、このまま9割合格を許していい時代ではなくなっていると思うのです。
職域の拡大も進んでいないですしね。

それと、近年の受験者数増加により、
人数制限の為に難しくする!って考え方もあるでしょう。

しかし、この場合は、

 養成校増加→質の低下→国試受験者数が増える→頑張っていない人はいらない

と、いう形で 受験者数が増えている=すべての人が同じレベルではない
つまり、知識の格差が広がっている状態だと考えれば、
合格率は下がって当然なのかもしれないです。

この点も加味して考えると
合格率7割〜8割レベルもない話ではないかと思います。

(言語聴覚士はおおよそ毎年6割台ですしね…)

とにかく危機感を持ってやり抜く!
その点を大事にしていきましょう。

ちなみに新しい問題に対応する手段として、
すでにしていると思いますが、医歯薬模試、三輪模試を通りなおすこと。
過去問を解く時は、五択のすべてが○なのか×なのかを
明確に答えられるようにしていくこと。
それが、新しい問題に対応する知識の深みだと思います。
なんとなく…ではなく確かにこれ!と選択できるようになれば
安心ではないでしょうか。

なお、しつこいようですが、私の勝手な予想です。
根拠のない事を並べ立て、不安にさせてしまったら申し訳ございません。

私も勝負の年ですが、皆さんのご武運をお祈りしております。。

国家試験に向けて

夢は自ら掴みにいくものだ!

国家試験まで残り一ヶ月半ほど。
焦燥感もただよう期間ですが、
ここらでガツンと、全国で共に頑張っている皆様に激をおくりたい。
(えらそうにすいません

まず、
私たちが飛び込もうとしている業界は
『飽和状態になってきている事!』
これを理解しなければならない。

国家試験と関係ない?
いや、勉強をする根本として捉える必要がある!

飽和状態である以上、仕事についたら、
さまざまな創意工夫、そして努力が、
この先ずっと…辞めるその時まで求められていくはず。

そうでなければ、生き残りは厳しいかもしれない。

無論、患者様の為でもあるが、
自分や家族が生きていくために、
自ら考え、工夫し、そして行動する事が将来を切り開いていく。

同じ事を繰り返しますが、
この先はずっと、

自分で考えて動かないと立ち止まっていたら、仕事はなくなるかもしれません。

誰かが声をかけてくれて、人生を導いてくれるわけではないのです。

ちょっと誇張しているように感じるかもしれないですが、
それが生きていくってことではないでしょうか?

ですから、
教えてもらうのを待ってはいけない。
覚えられないなら覚える工夫をしないといけない。
どうやって勉強しているのか聞かなきゃならない。
教えをどんどん請わないといけない。

『あの人は頭がいいからいいよな〜』とか
『マジ俺(私)頭悪いから』とかじゃ片付かないものがある。

簡単にその一言で片づけてうらやんでいるが、
その人には、
『頑張って覚えよう!』
『記憶しよう!』
『理解しよう!』
『自分は絶対に理学療法士になるんだ!!』
と、いう強い気持ちの積み重ねの結果があるのだ。

周りが寝ている時、遊んでいる時にその人が我慢して費やした時間があるのだ。

無論、すぐに要領よく、覚えやすい覚え方を考え、理解が早い人間はいる。
でもそれは、その人が理解する努力を積む重ねた結果だと思う。

人間、得手、不得手はあるけれど、あきらめちゃいけない。
実習を越えられたなら、がむしゃらにくらいつく根性もあるはず。

できないならどうする??
覚えられないのならどうする??
理解できないのならどうする??

それを考え、工夫し行動するのが、
飽和状態の理学療法士業界で『OnlyOne』になる為の根本であるし、
患者様にとって『No.1』の理学療法士になるための根本だと感じる。

そして、そうやってなりたいものに…
『夢を掴み、さらなる大きな夢を目指す事』に繋がっていくのだと思う。

最後の最後まで、自分の人生を中途半端であきらめちゃいけない。
まだ、一カ月以上あるんだから…


管理人の外部執筆
allabout_guide_logo

All About News Dig
※上記サイトで執筆活動してます。
国家試験演習問題ならこちら
理学療法士・作業療法士の国家試験問題を
WEB上で解けるサイト。

問題数は徐々に増えています!


kokushi

PT・OT国家試験対策WEBで合格!
吉永酒造有限会社
スポンサードリンク
月別アーカイブ
Links2
Recent Comments
ブログランキング参加中
RSS
My Yahoo!に追加

Add to Google
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
Powered by サイトスカウター
ブックマーク
ギャラリー
  • 新居にて
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 次のステップ
  • 自己暗示
  • 人助け
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • おすすめ文献の本棚作りました!
  • 吉永酒造 利八
  • 吉永酒造 利八
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 尖閣映像流出について
  • ブログ開設から1000日目
  • 森伊蔵ぉぉ!!
  • 爽快バブシャワー
  • CAFE『蒼』にて
  • CAFE『蒼』にて
  • うれしい体験
  • 人生初!
  • 長期実習八週目へ
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • デスクトップの壁紙とガジェットの工夫
  • google earth フライトシュミレーターで鹿児島薩摩半島を一周