理学療法士の専門学生国家試験合格を目指すブログ>二年生の学校生活

■スポンサードリンク



無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

評価実習

評価実習の実習地

ぼちぼち評価実習の実習地配置が決まりそうです。
『ここを考えてるけど大丈夫?』
そんな風に確認してくださる先生方に感謝

正直、経済的に遠方が厳しいのでそこを考慮してくれたりするのは
とてもありがたい…

また、自分ごときに勉強をさせてくれるために
受け入れてくださる病院、施設、バイザーの方々にも
感謝でいっぱいです。

ただ…人間と人間

当たるも八卦、当たらぬも八卦ということはあり
うまくいかないこともあるであろう不安はつきまとう…

それはどの実習先になろうと同じ事なのかもしれない。

すべては人の縁。

どこになろうと自分が向き合うべき患者さまに
どうアプローチできるかを考え、
バイザーの先生に報告・連絡・相談をしっかり行い
周囲の先生方、他の医療職の方々にも教えを請う姿勢を
忘れないようにする!
そう考えるのであります(; ̄Д ̄)

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します



トップページへ


二年生の学校生活

車いすキャスター上げと松葉杖歩行の特訓

先日、学校で空き時間があったので
脊髄損傷の実技テスト対策として、
頚髄損傷者の松葉杖の歩行と転倒からの起き上がりを練習しました。

これが筋肉を使う使う(; ̄Д ̄)

とにかく上肢帯は悲鳴を上げまくりです。

その後、以前から不安を抱いていた車いすのキャスター上げの練習

友人たちは軽くこなすが、
バランス能力の低下した30代運動不足の私にはなかなかできない。
(PTになるので運動習慣をちゃんとつけないと

後ろに転倒し、後頭部を強打しもだえるも
『こんな風に頭を打つのは受け身がちゃんとできていないからだ』
と、考え、体で覚えることの重要性と感覚の重要性を勉強。

周囲の仲間たちから
『takuさんもっと体を傾けて!』
『体がこわばってるよ!』
『首を前に出しすぎ』
『足が安定してないですよ!』
などなど多くのアドバイスをもらい
ついにキャスターを上げたままの体勢を
維持することに成功

なんか達成した時は本当にリハビリをしている気分でした

ちなみにキャスター上げとは
車いすにで段差などを超えるために必要な動作。
介助者なしで自分だけで行うのは
脊髄損傷の方に必要。
(無論、残存機能でできるorできないが決まる)
車いすを後方に傾けその状態を維持できるかが?重要になる。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します



トップページへ

二年生の学校生活

受傷機転の重要性

昨日書きました評価実習に向けた症例勉強

私の担当は『大腿骨頸部骨折』

実習時に最も持たせていただく事が多い症例です。

どの部位にどういう風に折れるとどうなる?
手術法は?禁忌は?リハプログラムは?と、
まとめているとあることに気がついた…

私が作ったリハプログラムは、
大腿骨頸部骨折を起こし歩けなくなったことを
元に戻そうとするだけのプログラムでは??

つまり、歩かせるためだけ、退院させるためだけ…

大事なのは、転倒を起こした理由なのでは?

そこへのアプローチがなければ
また転倒し骨折してしまうのでは?

じゃあなぜ転倒するのだろうか?
転倒しやすくなるのはなぜなんだろう?

筋力の低下はなぜ起きたんだろう?
関節可動域はなぜ低下したんだろう?

平衡・立ち直り・保護伸展反応って何だろう?
解剖生理学的にどこでどうなってるんだろう?

転倒すると簡単に折れてしまうのはなぜなんだろう?
骨粗鬆症ってどうやってなるんだろう?
エストロゲン、パラトルモン、カルシトニンってなんだろう?
骨芽細胞、破骨細胞って何だろう?

結局つきつめると解剖生理学や運動学に結び付きます

だからこそ基本が重要

患者さまに起きた出来事の受傷機転・背景因子これは
個々で大きく変わります。
いくら教科書で症例をみても背景因子は全く違うわけです。

授業などでその考え方は習っていたのですが
どうしても自分で考えると視野が狭くなっていけません…

臨床にでている諸先輩方からは当然だろ!!と、
お叱りを受けそうですが、どうしてなかなか
気付きにくいものです…

やはり自分で考えてみることでよく理解できますね。

しかし、まだまだ机上の知識
実際の現場を知らない私。
現場での気付きはこんなものではないはず…

心してかかろう!

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します



トップページへ

二年生の学校生活

評価実習に向けて

最近、クラスのまとまり、評価実習に向けた取り組みが凄い!

私の仲間の社会人出身の方が発した
『実習に向けて各自、症例について調べて発表しませんか?』と、言う一言

最初は10人ぐらいの内輪でするつもりだったのが
クラスの皆が我も我もと参加し、気がつけばクラスの大半が
昼休みを削って、仲間の発表を真剣に聞き入る

なんか凄く、嬉しくて嬉しくて(´;ω;`)

勉強に関してはどこかまとまりがなかったから…

こうなると俄然私もやらなければ!という刺激を受ける一方で
自分が理解した知識を伝えられたら…と思うわけです。

この学校に、このクラスに入れた感謝。
それを表現したいものです。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します



トップページへ

私の勉強法

脳・神経・中枢系の勉強の仕方

わからないと、とことんわからない。
でも理解できると魅了させられる…
それが中枢系の勉強かもしれません。

かくいう私はどっぷりと中枢系の楽しさに浸かっていま
たとえテストの前日であろうが
自分が知りたい神経系の回路を調べてしまう始末…
今やるべきことはほかにあるだろう…と思ってしまいますが、
知りたくて知りたくてどうしようもなくなります。

そんな中枢、神経系を楽しく理解する為に必要なこと

それは各パーツの作りや生理学的な意味をしっかり押さえること

α運動ニューロンとは?Iα繊維とは?γ運動ニューロンとは?Ib抑制とは?
筋紡錘とは?腱紡錘とは?錐体路とは?錐体外路とは?痙縮と固縮の違いは?
伸張反射の仕組み、腱反射の仕組みとは?大脳基底核とは?
大脳皮質の機能局在とは?小脳とは?etc…

何気なく羅列したこれらのつながりが人間の動作において
大きく関与している…
無論、これは中枢というか生理学の初歩ですが…

いまいち理解できないという方は、痙縮と固縮の違いがどうして起きるのか?
と、いうところを探っていくと、いつの間にか
α運動ニューロン、Iα繊維、γ運動ニューロン、Ib抑制、
筋紡錘、腱紡錘、錐体路、錐体外路、
伸張反射の仕組み、腱反射の仕組み、大脳基底核の作用
すべてがまとめて理解できちゃったりします。

それだけ一つのことからのつながりが多いということなんですね…

だからそのつながりがわかった時は興奮しますよぉ

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します



トップページへ

私の勉強法

大脳基底核の働き

最近大脳基底核の働きに関心があって
いろいろ調べています。

一年時はさっぱりわけがわからなかったのですが、
二年になり各疾患を習うとなんでそうなるんだ?
と、いうことが多々ありまして、
そうなると調べたくなるわけです。

それが今回は大脳基底核だったわけですが、
パーキンソン病の特徴はなぜ起こるのか?
不随運動の舞踏病、バリスムはなどはなぜ起こるのか?
それを知りたくて深くはまった次第です。

よく言われる大脳基底核の働きは
自発性運動の制御
緩慢かつ安定した運動の開始と実行に働く。
動作に必要な要素を選択する。
複数の運動を同時に行う運動プログラムにかかわる。
記憶情報に基づいて行われる動作に関与。
運動段階の自動化に大きく関与。

などでしょうか…

パーキンソン病では、普通に歩こうとする時に
なかなか一歩が出ない。
でも、一定ごとに線を引かれた道なら歩くことが容易。

これの意味を知った時、人体の凄さと
勉強をする喜びを改めてする事が出来ました。

他にもまだ知らないことがたくさんあるわけですが、
治療につなげるためにも頑張らなければいけません。

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します

二年生の学校生活

覚悟とは本気とは

情けない話
今更ではあるが自身の覚悟、本気とはなんぞやと、
感じる時がある。
テストの結果を見た時に
実習の後に
いや、自分はこの程度よ
と、自分の事を過小評価し動かない自分


そんな時思い出したいドラマのワンシーン

ドラマだろ?

そんな言葉で隠せない悔しさ

本気(マジ)でやることを表面上隠しても隠しきれない

やるんだ

それしかない

ちゃらけて本気を隠したままなら結果は生まれない

そのことを教えてくれたドラマがこれです



にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します

二年生の学校生活

学園祭バンドとクラス発表

終わった…

なんともいえない充実感.。゚+.(・∀・)゚+.゚

これだけ真剣に学校行事に取り組めたことがあっただろうか?

学校へは無論、PTになるために入学した。

勉強だけできれば行事なんぞ不要だろ
そんな事を考えた時もある。

しかし、社会に出れば二度とできない体験

体験したくてもできないもの
それが学校での生活に詰まっている

クラスの出し物も皆で一致団結した結果、
総合2位という成績をおさめ、バンドもトリを務めさせ頂いた。

最高の舞台だった

学科の仲間たちがステージ前に来てくれ声援を送ってくれた。
スポットライトがまぶしくて、うれしくて気持ちよくて
なんともこみ上げるものがあった。

高校を卒業後、どこか妄想に近い状態で描いていたものが
現実になった瞬間

それが現実となった

その陰には多くの仲間、たくさんの方々の支えがあったことを
忘れないようにしたい

そしてもう一つの願いを叶える為の日々が
これからさらに加速して始まる

願い、あきらめなければ叶うということ
努力の成果

一つの結果を今回出したことで確信した

いざ、学校入学の最後の目標へ

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します

二年生の学校生活

学園祭への団結力

私たちの学校の学園祭は
いよいよ、24日土曜日に行われる。

各学科、各クラスが出し物をし盛り上げるのだが
私のクラスは学園祭、一週間前の状態でも
出し物をなにをするのかが決まってなかった。

放課後、残れる人間が残って、あーでもない、こうでもない。と、
話し合い決まった出し物…

『これほんとにできんのか?』
そんな気持ちもあったが、いざ準備をし始めると
その団結力は凄い
w(゚o゚)w オオー!

与えられた各持ち場を一致団結してこなしていく。

皆、わかっているのだろう…
この学園祭が自身の人生にとって最後の学園祭であることを…
皆でやる最後の学園祭であることを…

なんとか成功させたい。
皆で参加し楽しみたい。

そんな気持ちがひしひしと伝わってくる。

現役時代だるがって、どこかへふけってしまった後悔
真剣に取り組まなかった悔しさ…

また一つなにかを取り戻せそうな気がする…

自身のバンド参加もありますが
後悔のない最高の最後の学園祭を楽しもうと思う


にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します

二年生の学校生活

納得できない(ノ`Д´)ノ

学祭研究発表の代表選考の結果が出た。
結果は2位…

いや、精一杯やったけど残念だったね
そういう形で納得したかった…

でもそんな気持ちになれない判定の仕方だった。

なにが納得できなかったのか?

発表は2日に分けて行われた。
私たちは2日目
1日目は先生方も在籍し全員参加で行われた。
そして2日目は前に書いたように生徒主導、先生方不在で
行われ、勝手に帰っている人間もいる状態で行われた。

そして二日目終了後に投票が行われ
その時の結果は私たちの優勝だったらしい。

ところが…

全員の投票結果がないということで
翌日に2日目参加せずに帰った連中の投票も
入れた結果、2位になった。

これおかしくありませんか?
(#`皿´) ムキーーーー!

真剣にやって、本気でやって
休みも学校に出てきて、研究して考察して
プレゼンの時間もきっちりリハーサルをして臨んで、
伝えたいことに魂込めてやってきた。

研究は自分自身の勉強になる。という趣旨があるけど
評価し合って議論をぶつけあって本気のやり取りが生まれて
互いの研究をその努力を認め合うものではないのか?

それを侮辱するように発表を聞こうともせずに
帰った人間の適当な評価がなぜ結果に反映されるのか?

怒りに打ち震えるとはこのことだ

納得できなかった私はグループ代表として
職員室に行き気持ちをぶつけてきた…

結果を覆して一位にしてくれといいたいんじゃない!
研究はどれもすばらしいことだけど
評価して代表を決める選考をするならば
ちゃんとした評価をすべきだ!
見ていない人間。作った資料にも目を通していない人間に
なにがわかるのか?と、
自分たちの努力に対して、
無論、真剣に取り組んで発表した他の人たちにも
失礼な茶番じゃないか!
そして、こんな投票をするのなら
来年以降こんなことはするべきじゃない!と…
こんな思いを後輩にさせないでくれ!と…

先生は納得された。気持ちも汲んでくれ、
今年初の試みでいやな思いをさせて申し訳ない。
来年からは、いない人間の票は
いれないようにするように約束する。
と、おっしゃってくれた。

けど、その言葉を聞いてもなお、釈然としない自分がいる。
たとえ結果を覆されてもこのモヤモヤはとれない。
大事な事として、
悪いのは学祭の運営の方々でもなく先生でもない。

真剣になることを侮辱し、放棄した連中が一番許せないのだ。

患者さまにもその適当さで対応するのか?
仲間の発表を聞けもしない連中に
今後のチーム医療が担えるわけがない


はっきり言って、テンションもモチベーションも
入学以来、最も下がった(´−д−;`)

なんとか土日で切り替えたいものです…

にほんブログ村 専門生日記ブログへ
恐れ入りますがよければランキング応援お願い致します

管理人の外部執筆
allabout_guide_logo

All About News Dig
※上記サイトで執筆活動してます。
国家試験演習問題ならこちら
理学療法士・作業療法士の国家試験問題を
WEB上で解けるサイト。

問題数は徐々に増えています!


kokushi

PT・OT国家試験対策WEBで合格!
吉永酒造有限会社
スポンサードリンク
月別アーカイブ
Links2
Recent Comments
ブログランキング参加中
RSS
My Yahoo!に追加

Add to Google
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
Powered by サイトスカウター
ブックマーク
ギャラリー
  • 新居にて
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 顔合わせ
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 国家試験前日、夕方〜の行動
  • 次のステップ
  • 自己暗示
  • 人助け
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 股関節の靱帯:作用の覚え方
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • 新年明けましておめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
  • おすすめ文献の本棚作りました!
  • 吉永酒造 利八
  • 吉永酒造 利八
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 気持ちを鎮められる瞬間
  • 尖閣映像流出について
  • ブログ開設から1000日目
  • 森伊蔵ぉぉ!!
  • 爽快バブシャワー
  • CAFE『蒼』にて
  • CAFE『蒼』にて
  • うれしい体験
  • 人生初!
  • 長期実習八週目へ
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • ミラーセラピーの効果に挑む
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • 森林浴とマイナスイオン
  • デスクトップの壁紙とガジェットの工夫
  • google earth フライトシュミレーターで鹿児島薩摩半島を一周